ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

セキュリティ

「mobogenie_1501.apk」ファイルが勝手にダウンロードされる現象。Android端末で。

投稿日:2013年11月15日

Androidスマートフォンにて、「mobogenie_1501.apk」というファイルが勝手にダウンロードされる現象が発生しているようです。

https://twitter.com/ToS_k1048/statuses/400863528736653312

「mobogenie」はどんなアプリ?

調べたところ、中国の企業によって作成された、Android端末の管理ツールのようです。
パソコンから、Android端末内のデータにアクセスすることができ、設定等も制御することができます。

便利なアプリのように思われますが、「Google Play」経由のダウンロードではないということは、セキュリティのチェックが入っていませんので、場合によってはアプリが改ざんされている可能性は否定できません。

このようなアプリは、インストールはするべきではありません。

ダウンロードされてしまったファイルは、間違ってインストールしてしまう可能性もありますので速やかに削除して下さい。

ダウンロードされているか確認する為には、

設定 → ストレージ → ダウンロード を開き、「mobogenie_1501.apk」を探し、削除します。

公式サイト「Google Play」以外のサイトからアプリはインストールしない

以前、「電池革命」「電波改善」、本当は電話帳データ抜き取りアプリだった。 スマホの不正アプリ作成で6人逮捕 京都・大分両府県警でも書いた通り、非公式なルートからのアプリインストールは、大きなリスクを伴います。

非公式アプリをインストールしないように設定する

繰り返しになりますが、非公式サイトで配布されているアプリはインストールできないように設定しておきましょう。

メニューから[設定]→[アプリケーション]の順に選択し、[提供元不明のアプリ]のチェックマークが外されていることを確認。チェックマークが入っているとこのようなアプリをインストールできてしまうので要注意です。

Android01

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を気に入っていただけたら、シェアしていただけると嬉しいです↓↓↓

-セキュリティ
-, , , ,

関連記事

電子メールで気を付けなくてはいけないこと

一般的な電子メールの使い方については、説明する必要もないと思いますので、なかなか気づかないような意外な落とし穴や、特に注意しなくてはいけないことについてまとめたいと思います。

Macのスリープモードに深刻な脆弱性 – 管理者権限が奪われる可能性も

Mac OS Xに深刻な脆弱性が確認されたようだ。

米Symantecによると、Mac OS Xがインストールされた一部のMacにおいて、サスペンド状態からの復帰時にファームウェアが書き換えられ、以降は管理者権限が奪われた状態となる可能性があるとしています。

自分から情報を発信する時に気を付けること

インターネットの素晴らしい所は、検索やリンクをたどって情報を得るだけではなく、自ら情報の発信者になれるところにあります。

ホームページやブログで自分の考えや、身の回りに起きた面白い出来事を公開して、世界中の人に見てもらうことが出来ます。そしてその公開した内容を見た人から感想をもらえあり、そのことがきっかけで新しい友達がたくさんできるかもしれません。

では、子どもが情報を発信したいと望んだとき、どんなことに注意するべきか教えたら良いのでしょうか。

iPhoneが勝手に再起動!Twitterで動画URLが拡散中

トレンドマイクロによると、iPhone など iOS用端末をクラッシュさせ強制的に再起動させるファイルを含む URL が、Twitter 上のツイートや各種メッセンジャーのメッセージなどでイタズラ的に拡散されているとのことです。

「LINE」に便乗するスパムメールに要注意!出会い系サイト「ID-BBS」へ誘導

「トレンドマイクロ」は、日本やアジアで人気のメッセンジャーアプリ「LINE」を騙ったスパムメールに注意するよう促しています。

スパムメールのメッセージ内に記されている URL を誤ってクリックすると、「ID-BBS」という出会い系サイトに誘導されるという。