ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

セキュリティ

1万ダウンロードされた人気Androidアプリ「Virus Shield」が詐欺アプリであることが判明。

投稿日:

VirusShield01
via Android Police

Androidに関する情報を配信しているAndroid Policeによると、「Google Play」で1万ダウンロードされ、ランキング上位にあった人気アプリ「Virus Shield」が、詐欺アプリであったことがわかったようだ。

操作の手軽さが人気

Virus Shieldは、クールなデザインと、ボタンを一度クリックするだけでAndroid端末をウィルスから守ってくるれるという操作の手軽さが人気を集めていたようだ。

アプリの説明によると、リアルタイムで「アプリ、設定、ファイル、メディア」をスキャンし、デバイスへの有害アプリのインストールを防ぐ機能に加え、「個人情報を保護」するとしている。
そのうえ、バッテリー消費に優しく、広告が表示されない。

この、至れり尽くせりのアプリが3.99ドルで販売されていたこともあり、1万ダウンロードを記録し、レート4.7と高評価を得ていたようだ。

役に立つアプリだと思っていたが、じつは詐欺アプリだった

では、このアプリはいったい何をやらかすのだろうか。

シングルタップの後に「チェック」画像を「×」の画像に変更される。

ただ、これだけ。
つまり、それがこのアプリのすべてで、Android端末のセキュリティ向上に何のメリットもないということだ。

3.99ドル払わされたユーザーが何より気の毒でならない。

VirusShield02
via Android Police

このような詐欺アプリをダウンロードしないようにする方法は

Google Playが、このような詐欺アプリを審査に通してしまっている以上、現時点で解決策はみあたらないと、Android Policeは語っている。

今回は、幸か不幸か何もしないアプリだったため、このアプリを削除すれば良い。
しかし、個人情報を搾取したり、金銭被害をもたらす悪質なアプリであった可能性もゼロではない。

興味本位で不必要なアプリはインストールしないことも、被害から身を守る手段なのではないだろうか。

<Link: Android Police

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を気に入っていただけたら、シェアしていただけると嬉しいです↓↓↓

-セキュリティ
-,

関連記事

今さら聞けない、インターネットに接続するための最低条件

インターネットってどんなところ?   ブロードバンドの普及も手伝い、パソコンをインターネットにつなぐのはあたりまえの時代になりました。 90年代は、まだ接続時間で料金がかかっていたので、23 …

設定してはいけない!パスワードベスト100(Abobe編)

2013年10月に第一報が報じられた、米Adobe社への不正アクセスによる情報漏えい事件。
記憶に残っている方も多いのではないでしょうか。

この事件によって影響を受けるユーザーは、少なくとも3800万人に上ることが分かっています。

ご多分に漏れず、私のもとにも情報漏れちゃってごめんなさいメールが届き、早速パスワードを変更しました。

メールが届いたのにまだ変更していない方は、すぐに変更しておくことをおすすめします。

Amazonギフト券が2倍になるキャンペーンメールに注意!未使用ギフト券番号送信によるフィッシング詐欺。

インターネットショッピングサイト大手のAmazonは、ギフト券番号を送信させるようなキャンペーンを装った、詐欺行為に注意するよう呼びかけています。

ad.yieldmanager.comからget-user-id.jsを開くか、または保存しますか?のポップアップを削除する方法

インターネット閲覧中に、「ad.adresult.jpからget-user-id.jsを開くか、または保存しますか?」
または、「ad.yieldmanager.comからget-user-id.jsを開くか、または保存しますか?」のようなメッセージが表示される。

「小学校でLINE氾濫」の報道から、小中学生とスマホのあれこれを考える。

スマートフォン(高機能携帯電話)の爆発的な普及に伴い、小中学生にとっても無料通話アプリ「LINE(ライン)」は今や必要不可欠なコミュニケーションツールとなっている。