ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ニュース

小学1、2年生の交通事故が、5月に急増する理由 【時事通信:警察庁】

投稿日:2014年4月10日

medium_7119074251
photo credit: wwward0 via photopin

警察庁の調べによると、小学生1、2年生が歩行中に死傷した交通事故について、5月に急増する傾向にあるのだそうだ。

Sponsored Link

20140410ax02

小学生が歩行中に死傷した交通事故を警察庁が調べたところ、1、2年生は5月から急増する傾向にあることが分かった。

74%は下校時間以後に発生し、飛び出しと横断違反が目立っている。

警察庁は「入学、進級した直後の4月は注意して行動しても、時間がたち緊張が緩む可能性がある」と指摘。「低学年の児童は交通ルールの定着に時間がかかる。親と学校は継続的に教育してほしい」と呼び掛けている。

調査は2009~13年を対象に実施。5年間の死傷者数は1年生が1万640人、2年生は9222人で、学年が低いほど多かった。

【引用:時事通信

子どもの交通事故の特徴

警視庁の交通安全サイトによると、子どもの交通人身事故で多いのは、

○ 道路横断中
○ 自宅付近
○ 夕方の時間帯
○ 自転車の事故
○ 小学生の男子児童

歩行中では飛び出しが原因になることが多く、自転車の事故では交差点での安全確認で一時停止しなかったことが原因になっているようです。

保護者が出来る事

子どもは興味があるものが目に入ると、そのことに夢中になって、周りが見えなくなり、危険なことの判断ができなくなることが良くあります。

特に小さい子どもは、「危ないから、注意しなさい」では理解できません。

具体的に「なぜ危ないのか」、「どう注意したらよいか」を繰り返し教えましょう。

  1. 道路を渡るときは横断歩道を渡る。
  2. 信号が赤の時はとまり、青の時は右と左をよく見て、車が来ていないかを確かめてから渡る。
  3. 道路を横断中も、右と左をよく見て、車が来ていないかを確かめる。
  4. 道路や車のそばでは、遊ばない。
  5. 道路には飛び出さないようにする。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ニュース
-,

関連記事

「朝の読書」小学生に読まれた本 ベスト20【2014年度】

「朝の読書」は、始業前の10分程度の時間で、教師も生徒もみんなそろって自分の好きな本を読む、という取り組みで、全国の小・中・高等 学校で広まっている活動です。
2014年度に「朝の読書」で読まれた本ベスト20を紹介します。

ファイルが勝手に暗号化される!ランサムウェアが日本で猛威を振るっているようだ

日本人ユーザーを標的としたランサムウェアが猛威を振るっているようです。

ランサムウェアという言葉を初めて聞く方や、聞いた事はあるけど詳しく分からないという方の為に、どのような事に注意すればよいのか、まとめましたので参考にして頂ければ幸いです。

セブンネットショッピングでクレジットカード番号15万件が閲覧された可能性 -アカウントリスト攻撃-

この度、弊社が運営する「セブンネットショッピング(http://www.7netshopping.jp/all/)」(以下、「本サイト」といいます)におきまして、外部からなりすましによる不正なアクセスがあり、第三者にお客様の一部の個人情報を不正に閲覧された可能性があることが判明いたしました。 本件不正アクセスに関する概要と対応について下記のとおりご報告いたしますとともに、お客様に対し、多大なるご迷惑およびご心配をお掛けする事態に至りましたことを深くお詫び申し上げます。

【LINE】 ついに友達削除機能が利用可能に

「LINE」に、友達を削除する機能が追加された。

これまでは、追加した友達への連絡を拒否する「ブロック」機能はあったが、これによりリストから完全に削除できるようになった。

パスワードの使いまわしが狙われている -アカウントリスト攻撃-

トレンドマイクロは2013年8月19日、「2013年上半期のセキュリティ脅威動向」を発表しました。
レポートではこの四半期の傾向として、攻撃者の狙いが「サーバ」、「モバイル」、「人」の脆弱性に向いていることを主要トピックとしています。