ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ニュース

小学1、2年生の交通事故が、5月に急増する理由 【時事通信:警察庁】

投稿日:2014年4月10日

medium_7119074251
photo credit: wwward0 via photopin

警察庁の調べによると、小学生1、2年生が歩行中に死傷した交通事故について、5月に急増する傾向にあるのだそうだ。

Sponsored Link

20140410ax02

小学生が歩行中に死傷した交通事故を警察庁が調べたところ、1、2年生は5月から急増する傾向にあることが分かった。

74%は下校時間以後に発生し、飛び出しと横断違反が目立っている。

警察庁は「入学、進級した直後の4月は注意して行動しても、時間がたち緊張が緩む可能性がある」と指摘。「低学年の児童は交通ルールの定着に時間がかかる。親と学校は継続的に教育してほしい」と呼び掛けている。

調査は2009~13年を対象に実施。5年間の死傷者数は1年生が1万640人、2年生は9222人で、学年が低いほど多かった。

【引用:時事通信

子どもの交通事故の特徴

警視庁の交通安全サイトによると、子どもの交通人身事故で多いのは、

○ 道路横断中
○ 自宅付近
○ 夕方の時間帯
○ 自転車の事故
○ 小学生の男子児童

歩行中では飛び出しが原因になることが多く、自転車の事故では交差点での安全確認で一時停止しなかったことが原因になっているようです。

保護者が出来る事

子どもは興味があるものが目に入ると、そのことに夢中になって、周りが見えなくなり、危険なことの判断ができなくなることが良くあります。

特に小さい子どもは、「危ないから、注意しなさい」では理解できません。

具体的に「なぜ危ないのか」、「どう注意したらよいか」を繰り返し教えましょう。

  1. 道路を渡るときは横断歩道を渡る。
  2. 信号が赤の時はとまり、青の時は右と左をよく見て、車が来ていないかを確かめてから渡る。
  3. 道路を横断中も、右と左をよく見て、車が来ていないかを確かめる。
  4. 道路や車のそばでは、遊ばない。
  5. 道路には飛び出さないようにする。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ニュース
-,

関連記事

女子小4~6年生の「スマートフォン」使用率は9%。少数ながら音楽を「Youtube」で聴くスタイルも。

「株式会社KADOKAWA/アスキー・メディアワークス」が行った、『子どもライフスタイル調査2013夏』の調査によると、女子小4~6年生の「スマートフォン」使用率は9%、一方、48%が今後ほしいとの調査結果が出たようです。

「電池革命」「電波改善」、本当は電話帳データ抜き取りアプリだった。 スマホの不正アプリ作成で6人逮捕 京都・大分両府県警

スマートフォン(高機能携帯電話)から電話帳のデータを抜き取るアプリを作成、使用したなどとして、京都府警、大分県警の合同捜査班は25日、不正指令電磁的記録(ウイルス)作成などの疑いで、IT関連会社「アークネクスト」の元社長、吉田浩司(41)=東京都杉並区成田西=と大分県別府市駅前町の元出会い系サイト運営会社会長、立石正彰(59)の両容疑者ら6人を逮捕した。府警によると、全員容疑を認めている。

LINE 9月30日より、18歳未満に利用制限。ID機能起用には年齢確認が必要。

これまで、auのAndroid端末を利用する18歳未満のユーザーを対象に同様の取り組みを行っていましたが、9月30日より、NTTドコモ・ソフトバンクモバイルのAndroid端末にも対象範囲が拡大されることになりました。

これにより、国内主要3キャリア全てに対応することになり、今後はAndroid端末に加えて、iPhoneにも導入の拡大を予定しているようです。

Facebookモバイルサイトに酷似したフィッシングサイトを確認 ― トレンドマイクロ

トレンドマイクロは10月3日、同社公式ブログにて「クレジットカード情報を収集する偽Facebookのモバイルサイトを確認」と題する文章を公開しました。

NTTドコモ 「iPhone 5S」販売へ秒読みか!?

NTTドコモ副社長、「iPhone 5S」販売へ「態勢は整った」–サンケイビズ
NTTドコモ幹部の短いコメントで、同社がAppleの「iPhone 5S」を近いうちに発売することが示された。