ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

ICT教育 ニュース

2014年4月より「進研ゼミ」で専用タブレット導入、自宅で参加型映像授業も -ベネッセ-

投稿日:2013年10月9日

通信教育事業を展開するベネッセコーポレーションは、2014年4月より「進研ゼミ」において、小学講座、中学講座、高校講座で、学習用タブレット端末を提供する。

文部科学省で小中学生への1人1台の情報端末環境の整備が検討され、現在の教育におけるデジタル教材の活用が大きく進行しつつあることが背景にあるようだ。


タブレットを使った小学生向けの通信教育サービスは、ジャストシステム社が提供する「スマイルゼミ」が既にあるが、業界最大手のベネッセコーポレーションが提供する「進研ゼミ」のタブレット導入は大きな話題を呼ぶのではないだろうか。

中1講座ではすでに16万人に利用されている専用タブレットは好評

2013年4月より「進研ゼミ」中1講座では、専用タブレットを導入しており、受講生全体の6割となる16万人がタブレットを家庭学習に利用しているとのこと。

これにより「進研ゼミ」が配信するライブ授業を、自宅で受講するなど家庭での新しい学習形態が広がり、「今までより自宅で机に向かう習慣が続くようになった」「先生に教えてもらえるので、よりわかりやすくなった。」という声が上がっているという。

chuichi

成績の良い子は家庭学習の時間が長い?

2013年に行ったベネッセ教育総研の調査によると、成績が上位である程、家庭学習の時間が長いという相関関係が認められたとのこと。

これを受け、タブレットを通じた教育サービスの提供により、子どもの家庭での学習習慣をつけ、家庭学習時間の拡大を目指すことを目的とするようだ。

benesse
<出典:ベネッセ教育総合研究所「学校外教育活動に関する調査2013」

小学講座は、1年生~5年生が対象

S_tablet

進研ゼミ小学講座では、既存の「進研ゼミ小学講座 チャレンジ」と、専用タブレット端末を使う「進研ゼミ小学講座 チャレンジタッチ」のどちらかを選択することが可能。料金は変わらない。

専用タブレット端末は、6ヶ月以上続けることで無償で提供される。
※6ヵ月未満で退会、あるいは「チャレンジ」に講座変更の場合、タブレット代金として13,965円(税込)が請求される。

「チャレンジタッチ」は専用タブレット中心に学習する講座で、毎月の紙教材、体験教具は提供されないが、赤ペン先生の問題・テスト教材等、記述の必要性が高いもの、一覧性が求められるもののみ紙で提供される。

なお、「チャレンジタッチ」は、外部のインターネットとは接続できず、小学講座のチャレンジタッチとのみ接続できるようにし、外部サイトへはアクセス出来ない仕様のようだ。

<主なサービス>

  1. 映像と音声での解説
  2. 自動採点・苦手得意に沿った学習
  3. 「書く」「読む」練習
  4. 保護者への学習履歴のメール連絡など

<料金>

  • 小学1・2年生 月々3,250円
  • 小学3年生 月々3,950円
  • 小学4年生 月々4,730円
  • 小学5年生 月々5,475円

※6年生は2015年4月から開始予定

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

中学講座は12ヶ月連続受講で、タブレットを無償配布

c_tablet

進研ゼミ中学講座」の中で12ヶ月連続で受講する会員に、「Challenge Tablet」が無償配布される。
※12ヵ月未満で退会の場合は、タブレット代金として9,500円が請求される。

中学講座の「Challenge Tablet」では、「子モード」「親モード」を使い分けるペアレンタルコントロールができる仕様。

「子モード」では、保護者がパスワードで利用範囲や、有害サイトのフィルタリング、利用時間制限などが設定でき、「親モード」では通常のタブレットとしての利用が可能とのこと。
ウィルス対策ソフトはインストール済み。

<主なサービス>

  1. 映像による講師のライブ授業(英語・数学)※中学3年生は5教科
  2. つまずきやすい問題への、講師の動画解説(英語・数学)※中学1・2年生のみ
  3. カメラでわからない問題を撮影し、いつでも質問できる機能(数学)
  4. 自動採点・苦手得意に沿った学習ができる機能

<料金>

  • 中学1年生 月々6,160円
  • 中学2年生 月々6,160円
  • 中学3年生 月々6,480円

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

高校講座は「Challenge Tablet NEXT」

k_tablet

進研ゼミ高校講座」の中で英語または数学を含む2教科以上の受講、かつ高1講座4月号から21か月間連続受講で「Challenge Tablet NEXT」が無償配布される。
※高1講座4月号から21か月未満で退会の場合は、タブレット代金として2万2575円が請求される。

<主なサービス>

  1. 1年分のテキストが完全収録されているので授業進度に完全対応。
  2. メインテキストでの演習問題に専任講師による映像解説。
  3. タブレットにわからないところを直接書き込みそのまま送信すると翌日回答。
  4. ノートのようにすらすら書ける高性能専用ペン(デジタイザー方式を利用)
  5. 継続的な学習のきっかけを作る・応援するメッセージ機能など

<料金>

  • 1教科受講 月々5,550円
  • 2教科受講 月々7,330円
  • 3教科受講 月々8,880 円
  • 4教科受講 月々10,180円
  • 5教科受講 月々11,480 円

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ

無線LAN環境が無い家庭向けに、無線LANルータを2,880円で提供

タブレット申込み者で、無線LAN環境が無い家庭向けには、NEC社製無線LANルータがを2,880円で販売される。

インターネット回線はあるが、無線LAN環境が無い家庭向けには、嬉しいサービスと言える。

nec_wireless_router

ベネッセコーポレーション:ニュースリリース(PDF)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を気に入っていただけたら、シェアしていただけると嬉しいです↓↓↓

-ICT教育, ニュース
-, , , , , , ,


  1. […] 関連記事:2014年4月より「進研ゼミ」で専用タブレット導入、自宅で参加型映像授業も -ベネッセ- […]

関連記事

「朝の読書」中学生に読まれた本 ベスト20 【2016年度】

「朝の読書」は、始業前の10分程度の時間で、教師も生徒もみんなそろって自分の好きな本を読む、という取り組みで、全国の小・中・高等学校で広まっている活動です。
2016年度「朝の読書」で中学生に読まれた本ベスト20を紹介します。

高校教員対象のペンタブレット講習会を3都市で開催-ワコム-

2013年度の新学習指導要領の施行が始まり、高等生の「情報」の授業において、「情報デザイン」、「メディアデザイン」、「CG(コンピュータグラフィックス)」、「マルチメディア」等、デザインの授業が実施されるようになった。

デジタルデザインを教える教員向けに、ペンタブレットを活用した画像編集の講習会を東京、大阪、福岡の3都市で開催される。

【ICT教育】生徒へ1人1台のタブレット利用がいよいよ本格化。

教育現場のICT化のニュースを目にする機会が本当に増えたと感じます。

2010年総務省でスタートした「フューチャースクール推進事業」では学校でのICTインフラ面の研究が、また、2011年文部科学省でスタートした「学びのイノベーション事業」では学習指導の面において研究が行われています。

これら事業の実証校として選ばれた小中学校では、実際の授業の中での実証研究を進めるなかで、多くの課題の表出に成功しているようです。

そして政府は、これらの研究成果を受けてか、2014年後半より実践的なICT教育の基盤作りに着手するようです。

「朝の読書」小学生に読まれた本 ベスト20 【2015年度】

「朝の読書」は、始業前の10分程度の時間で、教師も生徒もみんなそろって自分の好きな本を読む、という取り組みで、全国の小・中・高等学校で広まっている活動です。
2015年度、「朝の読書」で小学生に読まれた本ベスト20を紹介します。

子どもの情報をいつも手元に!妊娠、出産、子育てまでサポートする母子手帳アプリ「Baby Smile(ベイビースマイル)」。

子育てママ&パパが企画開発した育児アプリ、「Baby Smile」が7月23日にサービスを開始した。
アプリの価格は無料で、iOS 6.0以降、Android 2.3以上に対応している。
この、アプリを提供するのは「Kidzapplanet/キッザプラネット(R)」という知育アプリ専門ブランドで、親子で対話を行いながら楽しむことができる、感性や思考能力を育てる知育アプリを提供している。
全世界で50万ダウンロードされている「がんばれ!ルルロロのワンダリズム」などがある。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ