ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

セキュリティ

iPhoneが勝手に再起動!Twitterで動画URLが拡散中

投稿日:2013年11月15日

トレンドマイクロによると、iPhone など iOS用端末をクラッシュさせ強制的に再起動させるファイルを含む URL が、Twitter 上のツイートや各種メッセンジャーのメッセージなどでイタズラ的に拡散されているとのことです。

iOS7ではブルースクリーンになる事も

該当のURL に iPhone でアクセスすると、何らかの内部エラーが発生し強制的に再起動されます。特に iOS7 では再起動前にブルースクリーン状態となることもあるようです。

Twitter 上のツイートや各種メッセンジャーのメッセージなどでイタズラ的に拡散されているようですので、注意が必要です。

O20131114comment01
<出典:トレンドマイクロ>

同社ではこれらの解析結果より、問題の動画ファイルは明確な脆弱性攻撃意図をもって作成されたものではなく、エラーにより偶然発生したファイルが悪用されているものと想定しています。しかしながら、こういった偶発的エラーの確認から、新しい脆弱性攻撃が作成される可能性もあるため、注意を促しています。

トレンドマイクロの対策:

トレンドマイクロでは、危険度の高い URL へのアクセス遮断する、ソフトウェアやアプリを提供しており、導入を推薦しています。

トレンドマイクロ ウイルスバスター クラウド」、Android OS用セキュリティソフト「ウイルスバスターモバイルfor Android」、iOS向け無料ツール「Smart Surfing for iPhone OS」などの製品で提供されています。

これらの製品や機能を有効にして対策を強化することを、トレンドマイクロでは推奨します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を気に入っていただけたら、シェアしていただけると嬉しいです↓↓↓

-セキュリティ
-, , ,

関連記事

Macのスリープモードに深刻な脆弱性 – 管理者権限が奪われる可能性も

Mac OS Xに深刻な脆弱性が確認されたようだ。

米Symantecによると、Mac OS Xがインストールされた一部のMacにおいて、サスペンド状態からの復帰時にファームウェアが書き換えられ、以降は管理者権限が奪われた状態となる可能性があるとしています。

インターネット上でのコミュニケーション

子どもは、近所や学校、習い事など様々なコミュニティの中で生活していくなか、ちょっとした意見の食い違いや、相性が悪いといった原因でケンカや言い争いに発展することは多々あることです。
子どもの個性を大切にし、自己を主張しつつ相手を尊重できるバランスのとれた人間形成を親としては温かく見守りたいものです。

しかし、直接顔を合わせるコミュニケーションに比べ、インターネット上でのコミュニケーションは意思の疎通がしにくいといったデメリットの影響もあり、少し厄介なトラブルへと発展しやすい性質持っています。

インターネット上でのコミュニケーションにおいて、特に注意しなければならない点について以下3点にまとめましたので、参考にして頂ければ幸いです。

今さら聞けない、インターネットに接続するための最低条件

インターネットってどんなところ?   ブロードバンドの普及も手伝い、パソコンをインターネットにつなぐのはあたりまえの時代になりました。 90年代は、まだ接続時間で料金がかかっていたので、23 …

Adobe Flash Playerを今すぐ更新して!改ざんサイトに日本からは約7千件ものアクセス。

トレンドマイクロは、公式ブログにおいて「Flash Playerの脆弱性を狙うWeb改ざん攻撃を多数確認」と題する記事を公開しました。

現在も、この脆弱性を悪用した攻撃が継続して行われており、Adobeより修正された最新バージョンへのアップデートを速やかに行うことを推奨しています。

意外な盲点?Amazonの「ほしい物リスト」公開について。インターネット上のサービスにおける情報公開に注意。

今回の事例を見て、最も気になったのが、インターネットショッピングサイト最大手のAmazonにおける、「ほしい物リスト」公開の危険性についてでした。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ