ガジェッティきっず

セキュリティスペシャリストによる、子供のIT利用について色々

セキュリティ ニュース

McAfee、スマートフォン向けのセキュリティ製品を無料化へ-Intel-

投稿日:2014年1月7日

米インテルは6日、傘下「McAfee」の名称を「インテルセキュリティ」に変更する計画を発表したようだ。

2011年、米インテルに6550億円で買収された「McAfee」

最近では、創業者が逮捕されたり、Adobe Flash Playerをインストールすると一緒にインストールされ、アドウェア扱いされるなどあまり良い評判は聞かなかった。

そんな影響もあってか、ブランドイメージを考えると名称変更もいた仕方ないのかもしれません。

yu_intel1
<出典:ITmedia ニュース>

スマートフォン向けのセキュリティ製品を無料化

なお、同時に現在「モバイルセキュリティ (スマホ版)」として、1台当たり1年2980円で販売している(2014年1月現在)、モバイル向けセキュリティ製品を無料で提供することも発表された。

対象は、iPhoneやiPad、Androidを搭載する端末向けのセキュリティ製品で、まだスマートフォンにセキュリティ製品をインストールしていない人はこれを機に、利用するのも良いかもしれない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

記事を気に入っていただけたら、シェアしていただけると嬉しいです↓↓↓

-セキュリティ, ニュース
-, , , , ,

関連記事

「mobogenie_1501.apk」ファイルが勝手にダウンロードされる現象。Android端末で。

Androidスマートフォンにて、「mobogenie_1501.apk」というファイルが勝手にダウンロードされる現象が発生しているようです。

「小学校でLINE氾濫」の報道から、小中学生とスマホのあれこれを考える。

スマートフォン(高機能携帯電話)の爆発的な普及に伴い、小中学生にとっても無料通話アプリ「LINE(ライン)」は今や必要不可欠なコミュニケーションツールとなっている。

高校生の88%がスマホを保有、「平成26年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等」総務省

総務省では、全国22の公立・私立の高等学校等の1年生約3,700人に対して、インターネット・リテラシーを測るテストと共に、アンケートを実施し、青少年のインターネット・リテラシー指標として取りまとめました。

調査結果から、インターネット・リテラシーを測るテストの正解率は70%と昨年度(69%)よりわずかに上昇した。

Adobe Flash Playerを今すぐ更新して!改ざんサイトに日本からは約7千件ものアクセス。

トレンドマイクロは、公式ブログにおいて「Flash Playerの脆弱性を狙うWeb改ざん攻撃を多数確認」と題する記事を公開しました。

現在も、この脆弱性を悪用した攻撃が継続して行われており、Adobeより修正された最新バージョンへのアップデートを速やかに行うことを推奨しています。

意外な盲点?Amazonの「ほしい物リスト」公開について。インターネット上のサービスにおける情報公開に注意。

今回の事例を見て、最も気になったのが、インターネットショッピングサイト最大手のAmazonにおける、「ほしい物リスト」公開の危険性についてでした。

ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ